メニュー

印刷方法を使い分ける

チラシ配り

版を作るかそうでないか

最近はネット上の業者でチラシ印刷をする方法もあります。上手く活用すれば従来の方法より格安でチラシが出来上がるでしょう。チラシ印刷をする場合はどんな内容であれ印刷方法を選ぶ必要はあります。主にオフセット印刷・オンデマンド印刷どちらかを選択することになります。特徴が異なるので内容や部数に合わせて最適な方を選びましょう。オフセット印刷は版を使った印刷方法です。チラシ印刷のために必要なもので、版が完成すればインクをつけて同じチラシを繰り返し作れます。オフセット印刷では平版が使われています。インクがゴムローラーに転写された後紙に印刷されます。紙に直接触れることはないので版も摩耗せず、綺麗に仕上がります。何回も利用できるので部数が多いほど1枚の単価が安くなります。部数が100部を超えるならオフセット印刷がおすすめです。反対に部数が少ないと単価が高くなってしまうため注意しましょう。また、写真を印刷する際の再現性も高くなります。べた塗や網掛けでも色ムラができずきれいに表現できるので、色の多い格安のチラシ印刷にも適しています。版を作る工程があるので納期がやや長くなります。オンデマンド印刷はデータを印刷機へ直接送って印刷します。版が不要なので製版がなく少ない工程で仕上げられます。なので必要な時に必要な枚数だけ格安チラシが可能です。格安チラシ印刷の枚数が数なくても単価が上がることがないので安心です。工程が少ないので急にチラシが必要になったときでも対応が可能です。業者によってはスピード納品もできるので困ったときに利用してみると良いでしょう。印刷物の内容に変更があっても細かな修正がききます。印刷方法は違いますがデータの作り方はどちらも変わりません。欲しい部数によって2つの方法を使い分けてもいいでしょう。

Copyright© 2019 印刷法には様々な特徴があり、それを理解してから選ぶ All Rights Reserved.